三味線 製作


ギターやバイオリン等の弦楽器は一人の職人さんによって製作されているのでしょうが、三味線は日本の文化を反映してか10人以上もの職人さんの関わりによって完成に至ります。

仁木三味線ではそれらをコーディネイトしてご納得いただける三味線を提供するよう心がけています。

三味線製作の仕様書


三味線本体の仕様項目


  • 面:
  • 面のライン取り:通常もしくは当店オリジナル
  • 張り:
  • 重ね:
  • スタイル:U型など
  • ホゾ:素作りやホゾ金
  • 天神:サイズや型
  • 中子:通常サイズ
  • 端(角穴側・丸穴):
  • 仕上げ:(例:漆2回):生地仕上げ、油仕上げ、カシュー仕上げ、
  • 糸巻金具(福林)サイズ:主に義太夫中
  • 糸巻金具(福林):銅足や銀足、合金やGP、9Kや18Kや22Kなど
  • 上駒:合金やGPや9K
  • 東さわりサイズ:大もしくは大大
  • 東サワリ取付角度:
  • りんどう金具サイズ:通常は津軽
  • りんどう金具材料:合金もしくはGPなど
  • 胴サイズ:3分大、4分大、5分大、6分大、7分大
  • 胴カスタマイズ:重ね寸法や仕上げ方法、重さ


付属品の仕様項目


  • 糸巻きの型:素六・面取・宇柄・宇柄面取
  • 糸巻きサイズ:8分・8分5厘
  • 糸巻きの素材:象牙・黒檀・象牙調・クリア・象牙調ジョイント・クリアジョイント
  • 胴掛:
  • 胴掛の紐:
  • 音緒:
  • 駒:

三味線の製造元について

まず、最初に申し上げたいことは青森県で作られている津軽三味線って存在しないってことです。
他県にある三味線製造元から三味線を仕入れしてその三味線屋さんが皮を張って販売してるってことなんです。
ということで...

例えば上記のような番号が記載されたシールが貼ってある三味線はというと...
  • 関東のとある老舗三味線製造元
  • 製造工程は機械化されている(いわゆる機械造りの三味線)けど純国産製の三味線を提供している
  • 少し訓練を受けたパートの方でも三味線造りに携われるくらいかなり機械化されたメーカーさん
  • 有名な製品は「エレキ三味線」や「もどらない糸巻き」など
  • 当店でも2005年くらいまで取り扱っていました
  • 胴も自家製※ふくらみが少なくまっすぐなので胴が少々小さく見えるのが特徴
  • 胴の仕込口が真ん中より少々上側(表側)にあいている※今はもしかしたら改善してるかも
  • ここ製造の三味線は糸巻きの金具の取り付け位置が悪いのが難点※今はもしかしたら改善してるかも
  • ここ製造の三味線はホゾが固くなりすぎる場合がある※機械造りの難点


荒木

古山(ふるやま)

古山の荒木

紅木の中でも最上級品の「古山(ふるやま)」、当店でも荒木の状態で在庫してあります。どれも20~30年以上寝かした逸品です。古山は見分けが難しく「これは古山の三味線だって」いうものを見せていただくと違っていたりすることがたびたびあります。一般の三味線屋さんでも見分けが難しいものです。価格は完成品で税別300~500万ですのでご興味のある方はぜひ!

古山001
001
古山002
002
古山003
003※このタイプは虎目が出ていないので一見わかりづらいけどメッチャ重いしメッチャ硬い



津軽三味線

上級者もしくは上手になりたい人向け

上手になるためには品質の良い道具(楽器)を使うことは非常に重要な要素の一つです。ある程度の投資(出費)をせずに上達はなかなか望めまないと思います。

プロフェッショナルモデル

↑ 純国産ハンドメイド品、当店オリジナルサイズ9分4厘、胴はまだ仕込んでないけど4分綾杉胴。で、完成品が↓

音色を損なわず弾きやすさを追求したプロフェッショナルモデル
長時間弾く事が多いプロ演奏家のニーズを拾い集めて開発した究極のプロモデル!
「弾いていて疲れない」にもかかわらず「サワリが良く響いて」「音色も良い」
  • 9分4厘(4分大)モデルと9分6厘(5分大)モデルの2種類
  • 男性や手の大きい方向けに9分6厘モデル
  • 女性や弾きやすさにこだわりたい方向けには9分4厘モデル
  • 当店で20年以上寝かした材料から製作する純国産ハンドメイドモデル
  • 20年以上寝かした材料なので素材的には申し分がないものです
  • 当店の独自技術により下ツボの音の響き(サワリのつき具合)が強化してあります
  • サワリが良く響く(三味線独自の共鳴作用)ようにするため東サワリに工夫してあります
  • 価格:綾杉胴(税別80万円)、金ほぞ綾杉胴(税別95万円より)
↓ これが9分6厘棹、ちなみに上記9分4厘棹と同じ丸太から取った材料

その他のラインナップ

  • 紅木 極上品:税別150~250万円
  • 古山(日本製・手作り品・荒木より製作):税別300~500万円

初級者セット

花梨製 合成皮

価格:税別68,000円、花梨製延べ棹、胴皮は合成皮、黒檀糸巻き、東サワリ付き、りんどう金具付き、和紙袋(ビニール袋付)、テキスト、プラ撥、プラ駒、指掛、予備糸(ナイロン製3の糸1本)、

中級者向け

アフリカ紅木製


インド産紅木の入手困難なため製作しました「アフリカ紅木製」
  • 価格:税込324,000円
  • アフリカ紅木製 面1寸※シェイプが細めなので持ちやすい
  • 胴皮:犬皮※注文頂いてから皮張り作業に入ります※黄ばみや補修跡が残る場合有り
  • 本体付属品:黒檀糸巻素六8分5厘、天神胴掛セット、正絹音緒、はりゴム、撥皮シール、糸一式など
  • 付属品:軽量ハードケース、長袋、指掛、駒、棹拭き、和紙袋、仮継、譜尺シールなど
※付属品は画像にあるものから多少の変更があるかもしれないです
※撥は別売


インド紅木製

インド産紅木製、天神や乳袋などにハギの箇所があるためお求め易い価格となっています
  • 価格:税込324,000円
  • インド紅木製 面1寸※太めのシェイプ
  • ハギ箇所:天神、乳袋、中棹などの一部
  • 胴皮:犬皮※注文頂いてから皮張り作業に入ります※黄ばみや補修跡が残る場合有り
  • 本体付属品:黒檀糸巻素六8分5厘、天神胴掛セット、正絹音緒、はりゴム、撥皮シール、糸一式など
  • 付属品:軽量ハードケース、長袋、指掛、駒、棹拭き、和紙袋、仮継、譜尺シールなど
※付属品は画像にあるものから多少の変更があるかもしれないです
※撥は別売


その他の三味線

長唄三味線

花梨 長唄三味線

税別90,000円、両面犬皮、付属品:プラ駒、ひざごむ、指掛、和紙、譜尺シールなど、撥やケースは別売
  • そのほかには紫檀製:税別17.5万円※ケースと撥は別売※犬皮

地唄三味線

花梨製:税別12万円※犬皮※ケースと撥は別売※関東向け(8.6-1.5)もしくは関西向け(8.8-2)

小唄三味線

花梨製:税別12万円※ケースと撥は別売※犬皮

民謡三味線

【再生品】紅木製 綾杉胴(2分大)

胴皮は津軽仕上げ、胴掛は玉虫塗(新品)、税別25万円